• 茨城県常総市にある、業務用生中華麺の製造を得意とする老舗製麺所。

コシのある麺は小麦粉の配合、加水率、ミキシング、複合、圧延、熟成、どれも大切ですが、大きく影響するのはやはり圧延ではないかと考えています。私共の製麺所では8寸という巨大なロールを持つ大型圧延機が3台あります。出来上がった麺塊を複合機を通し麺帯にします。次に圧延機に麺帯を入れ強力な圧力をかけます。お作りする麺によって回数を調整しています。こうすることで平塚製麺所独自の歯切れの良さ、しっかりとした噛み応えのある、密度の高い麺が生まれます。

この時に重要なのがロールの大きさです。小さなロール(小型機械・小型製麺機)ですと麺にかかる圧力が弱く、大きいロールと比べると、何度通してもコシのある麺はできません。仮に生地を強い配合にしても、のびるのが早い麺になってしまいます。

私共の製麺所では、数多くの機械メーカーさんと長年お付き合いをさせていただいておりますが、これは機械を作っている製麺機械メーカーさんが話されていたことです。

金属加工で例えますと「鋳造」と「鍛造」の違いです。