• 茨城県常総市にある、業務用生中華麺の製造を得意とする老舗製麺所。

三代目の祖父の時代に当時の石下町長さんより認定証をいただきました。この認定証、推奨状はお店に飾っていたものです。

平塚製麺所は初代の手打うどんから始まりましたが、その後、手打うどんを竹棒に下げて乾燥させ、乾麺(島田うどん)として販売しておりました。その時に使用していた、麺棒や板が今でも残っています。

また現在は製造していないのですが、2010年頃まで長きに渡り、「ヤマサン印」(初代の愛称が山さん、だったことから)の乾麺として製造しておりました。種類は「丸うどん、角うどん、ひやむぎ、そうめん、干しそば」がありました。推奨状はその時にいただいたものです。

現在の主力商品である、生中華麺(生ラーメン)は四代目の父が乾麺に加えて新たに始め、40年以上製造しています。

その他に、焼きそば(蒸し麺)の製造もしています。

焼きそばについては、昔ながらの製法を守り、「せいろ」で手間暇かけて蒸しています。

工場直売で、焼きそば(1袋1600g)、焼きそばソース(オリヅルソース・折鶴ソース)、つなぎ粉、うち粉、生中華麺(22番ちぢれ130g)、個食タイプ小袋のラーメンスープ(醤油)の販売もしています。在庫状況や詳細はお電話又はお問い合わせよりご確認ください。