• 茨城県常総市にある、業務用生中華麺の製造を得意とする老舗製麺所。

明治25年に初代の平塚山三郎(ひらつか・さんざぶろう)が茨城県の常総市(旧石下町)で創業しました。当時は手打うどんの製造を中心にしていました。

初代は、うどんがとても大好きで手打うどんを作るのが大変上手だったようです。作ったうどんを近所の皆さんにふるまっていたところ評判となり、噂を聞きつけた人が祝い事の時に、うどんを作ってくれないかという話がありました。快く引き受けた初代は道具一式を荷車に積んで出張し、その場で手打ちうどんを作り皆様にふるまって喜んでいただいたそうです。

昔は「うどん」というのは、大変なご馳走で非常にめでたい食べ物とされており、祝い事では必ず食べられていたようです。

出張したその場で手打うどんを作り、皆様に振舞って喜んでいただくという、初代の仕事が現在まで続く平塚製麺所の歴史の始まりでした。